人には器のあるものぞ

人には器のあるものぞ

利用者に対して満足な援助が出来ているだろうか
自分は気配り・心配りが出来ているだろうか
人はそれぞれ尺度が違う。
謙虚な気持ちがなければ成長出来ない。
私はもう援助は完璧と思う人はそこまでだね。
親切は時としておせっかいでしつこく迷惑。
あなたが主役じゃない。
認知症だからと馬鹿にするな。
感情は失ってないし、素直にぶつけてくる。
嘘は通用しないのです。
あなたが心から援助をした時に
きっと
利用者の笑顔をプレゼントされ、感謝されるのです。
いつも、なぜだろう。どうしたらいいのだろうと思案することです。
私を含め、誰一人 文句なしの援助なんて出来ないのです。
自惚れてはダメです。
もっと素直になりなさい。
そして謙虚に 今この時を大切に
「やってあげてる」ではないのです。
共にいきているのです。
思い上がりはよしてくれ。あんたの世話にはなりたくないよ。
そんな声が聞こえない援助を目指しましょうね。
コメント