ある雑誌から 

ある雑誌に書いてあった詩です拍手

     約束違反

その医者は
母を
アルツハイマー型認知症だという
今の医学では治らない病気だという
治らないから認知症だとダメを押す
つける薬もないという
飲んでも気休めなのだとダメを押す
そんなにダメを押すこともないだろうに
脳が縮んで
しまいには消えてしまうのだという
体が残って
脳が先に消えてしまうだなんて
そんなの約束違反じゃないか

対象者の抱えている疾患または障害のみを捉えてしまうと、良くなるものも悪くなる。現在、鈴木さん家のデイで生活しているHさんは排泄はおむつ介助対応だが、最近、便を自力でトイレで排泄出来るようになっている。排泄時間をチェックし、状況観察し、誘導してみた。失敗することもあるが、本人も喜ばれている。今後は尿もトイレで出来て欲しいと頑張っている。
脳は消えない。改善の余地は必ずあると信じて頑張っている。お願いだからあきらめないで。でもね、家族だけで支えていると限界が来る。だから、そんな時は人の助けを借りて下さい。大丈夫なんですよ。お互い様なんですから。人間一人で生きているんじゃないんですから。
一人で背負うには重すぎますよ。
世の中 捨てたもんじゃござんせんよ。
貴女は一人ぼっちじゃないからね。
コメント